点光源で「太陽」みたいな光が欲しい

ずっと以前には点光源に近い、小さなハロゲン電球を使った照明器具もあったので、シャープな影を出したり鋭いガラス内の光を演出できましたが、ストロボに変わり発光体が大きくなり、LEDに変わってさらに大きくなるなど、面光源への対応は非常に容易になったのですが、点光源のシャープな光源が入手しにくくなっています。
クライアントからの依頼も含め長らく取り組んできたのですが、やっと現実的な価格で汎用性の高い機材が出現し、導入に至りました。

前にお知らせした、プロジェクターを使った撮影方法も1つの方法といえますが、元々の発光素子自体が撮影を意識していないため、発色面ではコントロールに苦労する機材です。しかし、プロジェクターでしかなし得ない撮影もあるので、全てが新機材に置き換わるわけではありません。

タングステン時代には「エリスポ」と呼ばれる、ライトカッターを備えた照明器具が存在しましたが、この機材も同様の効果があり、ピントの調整も可能です。
光源に窓枠のような表現となる枠(プレート)を使えば、差し込む夕日の表現も可能です。
様々な柄のプレートが用意されているので、シーンで使い分ける楽しみもあります。
現状の照明機器では難しい、氷やガラスを通過した光の演出です。太陽の下に持ち出して撮影することが最終手段ですが、被写体によっては不可能ですし天候に左右されます。この照明機材は見事に太陽の替わりを務めてくれます。

照明機器、光の質、光の色等々に精通することは、写真撮影のプロとしては追求すべきポイントの1つと考えています。今でも白熱電球、蛍光灯、ストロボ、LEDと様々に用意して、クライアントの要望に応えてゆくよう準備しています。

ジュエリー写真が素敵な動画に

 長いお付き合いを頂いている「ジュエリークラフトYAMAJI」様で、撮影させて頂いたジュエリーの写真をベースに素敵な動画を公開されています。伺えば動画編集の専門ではない若いスタッフさんの作とか。
このようにお使い頂いて撮影した本人としてはとっても幸せです。
YAMAJI様のHPも素敵ですよ。是非ご覧下さい。
https://www.j-yamaji.com/